歯科検診をどの程度で、どうやって受けるべきかのご紹介をしていきます。

>

歯周病予防に大切な事

歯科メンテナンスとはどういうものか

歯科検診を受けたら、治療は終わりと考えておられる方はずいぶん多いと思います。
しかし、歯科メンテナンスも必要なのです。
メンテナンスとは、簡単に言うと、予防するための治療です。

将来自分の歯を残すため、口腔内のケア、歯周病予防の歯茎にマッサージしながら予防のお薬を塗ったり、虫歯予防のための、デンタルケアなど様々な予防治療を総称して、メンテナンスと言います。

歯科検診を受けて、さらに、メンテナンスを行えば、虫歯や歯周病、口腔内の病気を予防することが出来て、何度も痛い思いをして、歯医者さんに通わなければならない、という悪循環を大幅に軽減することが出来るのです。
健康診断では、体の調子を診断してくれますが、歯に関しては行ってはくれません。
やはり、痛い思いをしたくない、将来歯を残したい、そう言った思いを歯科医は叶えて下さるので、現在虫歯などがなくても、歯科検診に行くようおすすめ致します。

歯科メンテナンスを受けるには

歯科検診後、デンタルクリニックは、患者さんそれぞれの歯茎や歯の状態、歯石があるかないか、唾液の検査などあらゆる部分で、どのケアが重点的に必要かをドクターが判断してくれます。
なので、メンテナンスで例えば虫歯予防がしたいと思えば、歯科助手さんなどに費用等の相談をした上で、してもらうことが可能です。
ブラッシングも歯科助手さんが教えてくれますし、日頃のブラッシングで何が足りないかを、視覚的にも見せてくれたりします。

歯科医によりますが、歯の全体的な状態を、写真やレントゲンなどで、大きなスクリーンで細かに説明してくださる歯科もあります。
なかなか、ミラーやレントゲンだけだと、一般的にはわからないので、写真などで説明していただけた方が、伝わりやすいし、患者としてもわかりやすいですよね。


この記事をシェアする